太陽光発電住宅を建てました

住宅を建築する際に、屋根の上に太陽光発電を設置いたしました。

子供が生まれるのをきっかけに住宅を検討し始めました。住宅ハウジングセンターに行き、いろんなハウスメーカーを見学いたしました。いくつかハウスメーカーを見学しましたが、どこも耐震性を非常に重要視していました。

地震は気になっていたため耐震性は、大事なポイントですが他にも、太陽光発電にもともと興味がありました。
ちょうど国が太陽光の買取制度始めたタイミングでもあり、いろんなハウスメーカーが太陽光発電を売りにしていました。

最初の建築コストは、高くなりますが住んでからの光熱費を考えると長い目で見てお得になると思い、太陽光発電を設置しようと思いました。
また、ハウスメーカーに見積もりを依頼した際に実際に太陽光発電を設置して、入居している方の家を見学しました。

その方のおうちは売電金額の方が高く、差し引きで光熱費0 1日になっていました。

建て替えの方で、前の方が高く、差し引きで光熱費0以下になっていました。

建て替えの方で、前の家では電気ガス代で月に2〜3万円かかっていたと言われていたので、月々の負担がかなり楽になったと言われていました。

また、住宅ローンを多めに組んだとしても月の負担増よりも、光熱費メリットの方が大きいため設置することを決断しました。

実際に生活して、月々の負担はかなり楽になっています。また、太陽光つけることによって環境にも良いと言っても嬉しく思います。