注文住宅で後悔に繋がる部分の話

注文住宅を作ると幾つかの問題点が見つかることがあります。私もそういう問題を感じて注文住宅が難しいものだと思いました。
注文住宅はお金を考えて作らないと予算を超えることになります。実際に注文住宅で色々な要素を盛り込んだら予算が足りなくなりました。そのために何かを削るので失敗だと感じることになります。
また注文住宅が完成したら色々な場所に後悔を感じました。特にトイレの位置と部屋の構造は問題だったと思います。客が来る部屋の近くにトイレがあって音が気になりました。
注文住宅は自由に設計できるので空間は重要です。またどこに収納スペースを設置するのかも問題になりました。結局は普通に見える場所に収納スペースを入れました。
その他には家のコンセントの位置で悩んだと思います。見える場所にこれを配置しないように設計しました。なぜならコンセントが見えると家のデザインが崩れるからです。
このように注文住宅は自由な発想を入れられるのでメリットも大きく感じました。