注文住宅で事務所兼住居

フリーランスの仕事をしている人は、マイホームを建てるときに、住居と事務所が一緒になったような家を建てたいと思うかもしれません。住居と事務所が一体になっていれば、仕事のために移動するのが楽になります。またマイホームのほかに、賃貸の事務所と契約する必要もないため、経済的に楽になるかもしれません。このような方が家を建てるときは、建売住宅を購入するのではなく、自分の希望に合った家を作るために、注文住宅で家を建てるといいかもしれません。建売住宅は設計段階で間取りの希望を伝えることができるため、例えば一階が事務所で、二階が住居というマイホームを建てることもできます。一階と二階の入り口を別にして、スタッフは一階の入り口から出入りするようにしておくと、プライバシーが保たれますし、仕事とプライベートのメリハリをつけやすいかもしれません。屋上に仕事関係者やスタッフを集めてバーベキューができるスペースを作ることもできます。注文住宅で家を建てれば、フリーランスの人にぴったりの家を作れるかもしれません。