大工さんに缶コーヒーの差し入れは重要。

注文住宅を建てようと決心した理由は、築35年の家が古くなって、修理をすることが頻繁に起こっていたからです。
地震に強い注文住宅を建てるのは難しい問題でした。
今の住宅は、昔の住宅よりも、必ずしも地震に強いとは言えないそうです。
そんな中で私達が決めたのは、単純なつくりの注文住宅です。
単純とは、部屋と部屋が複雑につながっていない家のことです。
そうすることで、工期を短くできますし、大工さんも迷うことなく注文住宅を建てることができるのです。
こだわりは、白い壁と自然な風合いのフローリングです。
お風呂や洗面台はなるべくお金をかけないことにしました。
注文住宅は、注文住宅メーカーさんと大工さんの2つの集合体と打ち合わせをします。
私達の注文住宅を作ってくれた大工さんは非常に優しい方だったので、いろいろな備え付けの家具も作ってくれました。
もちろん、大工さんにはきちんと働いてもらいたいですから、家の出来具合を見るために行くときは、缶コーヒーを必ず持って大工さんのところに行きました。
出来た家は素晴らしく、とても嬉しい気持ちが家が出来上がってからもあります。